梼昧クリープ

工学系大学院女のあれこれ

学生や教員は「都合のいい労働力」じゃないよね

ごぶさたしております。あすだです。

なんだかんだ忙しい毎日を送っています。

 

学会の予稿が終わったら、ほい次の予稿。

予稿が終わったら、論文書く~。

そして論文を書くと学会の発表当日…。

 

こんなことの繰り返しです。

なかなかに密度が濃いのも、まぁいいと思ってます。

研究進まないから、もう後期はそんなに行きたくありませんけど。

 

何が一番の妨げかっていうと、

後輩の指導と、大学側から押し付けられる雑用…!

そして実験機の取り合い…!(いらいら)

 

オープンキャンパスとかほぼタダ働きです。

オープンキャンパスはまだいいのです、人生先ある若い人々にぜひ所属機関を知っていただく、大事なことです。

ただ、半日拘束なのに2時間分しかお給料が出ないってどういうことだい…?

 交換留学や、地域密着化を図ったイベントアルバイトも同様ですよ…。

 

またひどいのは、実験のTAと担当教員の扱い

助教さんの拘束時間が尋常じゃないし、なぜやっているのか良くわからない必修実験の質の悪いレポートを大量に採点など、いや学生と教員はヒマじゃないから

 

学生の自分ですら首が回らないのに、教職員の方たちはこの合間を縫って成果を出していらっしゃると思うと、本当になんともいえない気分です。

 

研究機関としての大学を売り出しているんだったら、見合った給料を払うか、せめて無意味じゃない授業をカリキュラムに組み込んでほしい。

 

研究している人間たちの負担を減らして研究に取り組める環境を守って欲しいものです。

研究費とってこい、けど給料は(TAには)あんまり出しません、教員は仕事こなしてください、

って、そんなんなら研究機関名乗るの辞めちまえ。

 

現実は甘くないことを理解していても、ぼやきたくなってしまうのでした。